キックボクシングの試合に臨んだあなた。
相手の蹴りが股間を直撃してしまい。悶絶してしまいました。
その夜、友達以上の関係性のサキからメッセージが届いた。

今日の試合についてですけど、あれはなんなんでしょうか。

日頃トレーニングに励んでいるみたいだし、あなたの格闘技に対する情熱と熱意は認めます。
でも、あの試合は、正直なところ男として情けないなと思っちゃいましたよ。

私が言いたいことはただひとつ。

あなたの金的があまりに弱く、見ていて恥ずかしいということです。

そもそも試合のなかで、一度でも金的攻撃を受けるということは、防御の技術に欠けているということですよ?

そんな簡単に金的を蹴らせてしまうようでは、格闘家とはいえないでしょ。あなたの金的防御は、あまりにもなってないです。

そして、続行不能って(笑)

あなたが本当の格闘家であるなら、そんな痛みに屈することなく戦い続けるべきです。だがあなたは、痛みに負けてしまいました。それはあなたの精神性の弱さを暴露しています。

そして、弱ったところにボディーを狙われてKO負けですか?

本当の格闘家であるなら、そんな攻撃は防ぐべきです。しかし、あなたは単に打たれるままになりました。

真の格闘家になりたいのなら、まずはあなたの弱点を克服することから始めなければならないのでは?

あなたは金的を克服しなければ、真の格闘家にはなれません。

だからこそ、強くなるためには、まず自分自身の弱さを認め、それを克服することが必要です。そして、その過程で、自分自身を高めることができるのです。

真の格闘家になりたいのなら、まずはあなたの「金玉の弱さ」を克服することから始めてください。

次は男らしいとこ見せてね。練習がんばって。

じゃあね👋