あの試合以来、距離を置いていた萌と久しぶりの連絡。次の試合を観にきてくれる約束をしてからしばらく経過していた。あなたは総合格闘技の試合に向けてトレーニングを重ねていた。試合の日が近づくと、緊張とワクワクの気持ちが高まってきました。そんな中、萌からメッセージが届く。

久しぶり。萌だよ!

試合、もうすぐだよね。前回の試合でのあの出来事を思い出しちゃって、ほんと、今回も心配だなあ…。でも、きっと大丈夫だよね?

実は、最近少し勉強してみたの。総合格闘技のルールや技について。そしたら、総合格闘技って、打撃だけじゃなく、グラウンドでの寝技や関節技もあるって知ったの。それを知ったとき、また新たな疑問が湧いてきちゃって…

えっと、その、グラウンドでの寝技中とか、相手と体が密着する時、急所って守れてるの?だって、打撃だけじゃなく、押さえつけられたりする時も、タマタマ、っていうか、その…急所って危ないと思うんだけど。

あの、前回の試合の時みたいに、あなたが痛そうにしてるのを見るの、正直、耐えられないかも…。だって、男の子の急所って、すごくデリケートな部分だと思うし、もし何かあったらどうしようって思うと、ほんと心配になるの。

そして、試合中にもし急所への攻撃があったら、どうやって反撃するの?あるいは、それを防ぐ技とかあるの?

まあ、私も格闘技をやってるわけじゃないから、実際のところはわからないけど…でも、急所への攻撃って、実際にはどれくらいのダメージなの?

前回、キックボクシングの試合で見たとき、あなたがすごく痛そうにしてたし、それを考えると、総合格闘技でも同じようなことがあると、どうしても心配になっちゃって。

でも、もちろん、あなたが試合に出るってことは、そういうリスクも考えてのことだと思うし、私が余計な心配をしちゃってるだけかもしれないけど…。

だから、その、試合前にこんなことを言って、気を散らせちゃったらごめんなさい。ただ、あなたのことを思って、この気持ちを伝えたくて。

でも、その、急所に関して、実際のところはどうなんだろう?私も知っておきたいな。もちろん、試合が終わった後でいいから、教えてほしいな。

そして、試合、頑張ってね。急所を守るための技術や戦略、そういうのもあると思うから、きっと大丈夫だよね。私も応援に行くから、頑張ってください!そして、その、また、楽しみにしてるから。怪我しないように、気をつけてね。