キックボクシングの大会後、試合で負けてしまったあなたは萌とのやり取りを続けていました。前回、あなたが受けた金的について、萌は非常に心配していたのを覚えています。そして、試合から数日後、あなたのスマートフォンに萌からのメッセージが届く。

こんにちは、萌だよ。あの日の試合、本当に心配してたんだ。でも、ちょっと恥ずかしいけど、あの後、私、キックボクシングのルールをちょっと調べてみたの。なんとなく、あなたともっと共通の話題を持ちたくて。

そしたらね、金的って、試合中に受けると本当に大変なんだって知ったの。特に男性の選手にとっては痛みのピークだって。私、想像もできないくらい痛いんだろうなって思って…。それでも、あなたは試合を頑張ってたんだよね。

私、あの日、試合が終わった後、会場の外でちょっと涙が出ちゃった。だって、あなたが痛そうにしてるのを見て、私もすごく痛かったから。でも、それと同時に、あなたのファイトスピリットに感動して。本当にすごいなって思ったんだ。

キックボクシングの次の試合、私も観に行きたいな。あなたがどんなに頑張ってるのか、また見せてほしいって思ってる。そして、その後で、二人でお茶でもしようかなって思ってるんだ。私、ちょっと大胆なこと言ってるかもしれないけど、だって、あなたともっと深く知りたいんだもの。

あ、でも、次回の試合は、絶対にキンタマを守ってね!私が心配してるから。

それでは、またメッセージするね。頑張って、そして無事に試合を終えてほしいな。